【閲覧くださっている皆様へ】URLが変わりました。一部転送が完了していない内部リンク先があります。「404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした。」という表示になる場合は、"https://bits-lifestyle.com/jigaku-study/●●"から、"https://study.bits-lifestyle.com/●●"へ書き換えてアクセスくださいますよう、お願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

 
スポンサーリンク

電車の中でスキルチェック【VLOOKUP④】エラーが出て困った時

Excel

事務職が初めてなど、OAスキルの初心者の方のためのクイズです。今回はVLOOKUP4回目。
電車の中等で気軽にスキルチェックをしていただきスキルアップに役立ていただければ幸いです。

VLOOKUPは非常に便利な関数ですが、なれないうちはエラーになり困ることも多いです。ということで本日はエラーが出たときの対応をクイズにしてみました。

使い方
1、取り敢えず下記の問題をやってみる。
2、答え合わせをする。

3、気になるスキルについて調べてみる、練習してみる。

※こちらのサイトでは詳しい説明を載せていませんが、なるべく関連する説明のリンク先を貼るようにしていますので、気になるスキルはそちらで調べてみて下さい。

※実際に練習できるページのリンクも貼るようにしていますので、実践練習してみるとよいと思います。

VLOOKUP基礎問題レベル4

下の図のような表を作りました。右側の商品リストには予めデータが入力されています。左側の注文リストのB列(黄色セル)に数字を入力すると、右の商品リストから商品名(水色セル)と単価(ピンクセル)が自動で参照されるように、C列とD列にVLOOKUP関数を入れました。

沢山エラーが出てしまいました。正しくできているのは、No3の赤ペンだけです。ちなみにC5を選択すると、下記のような式が表示されます。

それでは、No1,No2,No4,No5のエラーを順番に1つずつつぶしていきましょう!

問題 (1)~(5)の問いに対してそれぞれ、abcdから最も適切なものを1つずつえらびなさい。

(1)No1(3行目)について、商品名と単価が0になっている原因を調べるため、右のリストから型番の「23315」を検索します。H列を選択後、どのキーを押せば検索できますか?

a,Ctrol+D

b,Ctrol+F

c,Ctrol+S

d,Ctrol+Z

答えはこちら
答えはbです。

H列を選択し、Ctrol+Fを押す。

検索したいデータを入力します。

目的のデータの色が変わりました。

これで見ると、リストの商品名と単価が空欄ですね。空欄だと、VLOOKUPは0が表示されます。リストには忘れずにデータを入力しておくようにしましょう。

ショートカットキーについて

a,Ctrol+D : 上のセルをコピーする
c,Ctrol+S : 上書き保存する
d,Ctrol+Z : 元に戻す

(2)No2(4行目)について、エラーになっているのは型番にハイフン(-)が入ってしまっているからだと気づきました。このハイフンを削除するとき、たくさんデータがあると大変なので、「置換」を使ってハイフンをなくしていきます。B列を選択後、どのキーを押せばよいですか。

a,Ctrol+H

b,Ctrol+A

c,Ctrol+X

d,Ctrol+N

答えはこちら
答えはaです。
B列を選択後、Ctrol+Hを押します。

「-」を「」(空欄)に置換します。

B2のハイフンが削除され、商品名と単価も表示されるようになりました!

ショートカットキーについて

b,Ctrol+A : 全部を選択する

c,Ctrol+X : 切り取り

d,Ctrol+N : 新規作成

(3)No4(6行目)について、単価にも商品名が表示されてしまいました。D4に入っている数式を確認すると、下記の通りでした。どこを訂正しますか。

a,検索値「$B6」の$を削除する。
b,範囲「$H$3:$J$11」の$を削除する。
c,列番号「2」を「3」に訂正する。
d,検索方法「0」を「1」に訂正する。
答えはこちら
答えはcです。
これは、C列をD列にそのままコピペしたためのミスです。

検索値や範囲は「$」をつけて絶対参照にすることで、コピペしたときにも固定することができます。($をつけないと、ずらして参照されます)
列番号については、「検索値から何列目」という数値なので、コピペするとコピー元と全く同じ数字になります。(ちなみに、この数値には「$」はつけられません。)

(4)No5(7行目)について、このデータは今回新しく追加されたデータです。C5を選択すると下記の数式になりますが、どこが間違っていますか。

今回は気づけばそれまでなので、選択肢はありません。良ーくみてください!

答えはこちら

範囲が間違っています。右の商品リストの一番最後は、12行目になっています。

それに対し、C7の式の範囲は「$H$3:$J$11」となっていて、範囲が不足しています。
「$H$3:$J$12」に訂正すると、エラーはなくなります!

VLOOKUPでは、他にも全角・半角の違い、データの種類(数値、文字列など)の違いによってエラーが起こることがあります。慌てずに原因を探っていくようにしましょう。

参考になるサイト

vlookup関数がおかしい・エラーを解消する8つのチェックポイント
vlookup関数を使うと非常に効率的な作業ができます。 でも、慣れないと「#REF!」「#N/A!」などのエラーが、エラーが出なくても狙い通りの値が表示されないなど、トラブルが続...
VLOOKUP関数が思うように使えない場合
VLOOKUPでうまくいかないとき、解決が多岐に渡ることがあります。そのため、できるだけ多くの事例と説明画像をたくさん入れました。この記事の作成の頃から私も成長しました(笑)。更なる知見を詰め込んで内容をおおきく刷新しました。
VLOOKUP関数でどうしても#N/Aエラーが出る場合の解決方法 | EX-IT
VLOOKUP関数は便利なのですが、エラーも起きやすいです。 「VLOOKUPで一致しているはずなのに、エラーが出る!」ということもあります。 事例を挙げてその対策をまとめてみました。   目次1 VLOOKU

VLOOKUPが練習できるサイト

BBIQブログサービス終了のお知らせ
VLOOKUP関数 別シート 練習問題 : VLOOKUP関数 使い方&エラー情報<Excel(エクセル)>

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました