【閲覧くださっている皆様へ】URLが変わりました。一部転送が完了していない内部リンク先があります。「404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした。」という表示になる場合は、"https://bits-lifestyle.com/jigaku-study/●●"から、"https://study.bits-lifestyle.com/●●"へ書き換えてアクセスくださいますよう、お願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

 
スポンサーリンク

【事務エキスパートを目指そう】Wordの便利機能と使いこなすための参考サイト・書籍

word

Wordの基礎の勉強方法や段落の設定手順については前回書きました。

実はWordには他にも、Excelやパワポにはない便利機能があります。今回は使いこなせると便利な機能とその勉強方法をお伝えします。

Wordの画面上部

1、スタイル

ホームタブの右の方に「スタイル」という機能があります。

「スタイル」機能でできること

フォントデザインを「スタイル」として登録しておくと、入力した文字を選択したあとそのスタイルをクリックするだけでそのフォントに変わります。

勉強方法

この機能のみであれば、webで検索すればよいと思います。

おすすめサイト

スタイルの登録とコピー | Word 2010 | 初心者のためのOffice講座
設定した書式を他の段落や文字列に使用したい場合は、スタイルを登録しておくと便利です。 書式を設定した文字列を範囲選択して、簡単にスタイルを登録することができます。 同一文書内でのみ使用する場合のスタイルの登録方法 同一文書内でのみで使用する場合の方法です。 書式設定した段落や文字列を選択 書式設定した段落や文字列を選択...

手順が1つずつ図付きで説明されているのでわかりやすいです。スタイルの戻し方も書いてあります。

2、参考資料

上部真ん中に「参考資料」タブがあります。

「参考資料」機能でできること

よく、卒論やレポート等で、最後に文献を挿入したりしますね。事前に文献を登録しておけば、まとめて好きな箇所に挿入できる便利機能です。

勉強方法

この機能のみであれば、webで検索すればよいと思います。

おすすめサイト

Word(ワード)で引用文献や参考文献を挿入、管理する方法
Word(ワード)で引用文献や参考文献を挿入、管理する方法です。

3、差し込み文書

上部真ん中右に「差し込み印刷」タブがあります。

「差し込み印刷」機能でできること

庶務業務で突然、「年賀状」業務を頼まれることって多いんですよね。Wordではがきや封書、またはラベルに住所や宛名を印字することができます。Excelで作った宛名リストを取り込むこともでき、非常に便利です。

勉強方法

差し込み印刷の手順はこちらのサイトに書いてあります

案内文書の差し込み印刷

Wordで差し込み印刷のやり方! Excelの差し込みデータで文書作成
差し込み印刷とは?案内文など作成の際、文面が同じで、会社名や氏名など一部だけが異なる文書を作るときは、Word(ワード)の「差し込み文書」が便利です。本記事では、Excelで会社名や氏名などの差し込みデータを作り、Word文書に関連付けるやり方、差し込み印刷の方法を説明します。大量の案内文、はがきの宛名、名札やラベルな...

ラベルの印刷など

差し込み印刷で宛名ラベル!Word差し込み印刷にExcel住所録を活用
Wordの差し込み印刷を使って、宛名ラベルを作成!Wordの差し込み印刷ウィザードで、Excelで作った住所録からデータを引っ張り、ラベルシールに差し込むことができます!

はがきのデザインなどもWordで作成する場合は、下の方の「はがき・チラシ等をWordで作る」をご参照ください。

4、校閲

上部右「校閲」タブがあります。

「校閲タブ」機能でできること

作成した文書を複数名でチェックする際に、修正した箇所が分かるように表示することが可能です。

勉強方法

こちらのサイトに詳しく書いてあります

Word文書で校正・変更履歴を残す/編集/削除する方法
Wordには、文書にコメントを付けたり、挿入・削除した文章を色つきで表示し、校閲・校正の痕跡(変更履歴)を残す機能が用意されています。ここでは、変更履歴の基本的な使い方を説明します。 変更履歴の記録の色を校閲者によって変更する方法、 変更履歴を含めてコピーする方法、 変更履歴を完全に削除する方法なども解説します。

目的別のおすすめ参考書

はがき・チラシ等をWordで作る

デザインも含め、すべてWordで勉強することが可能です。

論文・書籍などの執筆に使う

Wordで長い文章を扱う論文や出版・執筆関係の仕事に役立ちます。

まとめ

WordはExcelに比べると機能が少ないです。MOS試験でも、上記の機能まで使いこなせると「エキスパート」資格となります。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました