【閲覧くださっている皆様へ】URLが変わりました。一部転送が完了していない内部リンク先があります。「404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした。」という表示になる場合は、"https://bits-lifestyle.com/jigaku-study/●●"から、"https://study.bits-lifestyle.com/●●"へ書き換えてアクセスくださいますよう、お願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

 
スポンサーリンク

【OAスキル初心者レベルからの脱却】Wordの学び直し方法

OAスキル

Excelはどの職場でも良く使っていたのですが、Wordはあまり使い慣れていなかった私。新しい職場ではワードを良く使うため、せっかくなので1から勉強し直してみました。

Wordの特徴(Excelとのちがい)

Excelを使い慣れていると、行とか列で処理する癖がついているため、そのままの頭でワードを使うと思い通りにならずイライラしたりします。

Wordは基本、全く別物と思った方がよさそうです。例えば下記のようなことです。

段落

Excelの「行」にあたるものは、Wordでは「段落」です。

Enterキー

上記の考え方なので、ExcelではEnterキーを押すと下の行のセルに移りますが、WordではEnterキーを押すと次の段落とみなされます。

タブ、インデント

Excelではタブキーを押すと、1つ右のセルに移動しますね。Wordの場合はどうでしょう。

Wordでは、タブキーを押すと、次の「インデント」まで移動します。

この移動の幅って、どういう法則なの?

ちなみに私はtabキーでなくspaceキーを使っていましたよ、いつも。(これをやると全然インデントそろわないけど仕方なかったんですね)

Wordを1から学び直す方法(おすすめ)

おすすめサイト

とりあえずワードの使い方の原則を理解したい場合は、このサイトをすべて網羅すれば、8割OKです。

Word・ワードの使い方|初心者の基本から応用までウルトラ図解!
Word・ワードの使い方を、豊富すぎる図解で徹底解説!初心者さんも、Wordがいまいち苦手な方も、細やかな図解とかみくだいた解説で、基本から応用まで迷いようがありません!

非常にわかりやすく、良くまとまられているサイトです。私は職場にてこのサイトを見ながらWordの業務をやってみましたが、非常に使いやすかったです。

上記にプラスで、段落番号の振り方を勉強すると、箇条書き中心の文書を作るときに便利です。

Word(ワード)の段落番号(連番)を途中から設定する方法|間隔が空いた場所に設定する
Word(ワード)で段落番号を途中から振り直したり、離れた場所から連番を続けて設定するやり方です。
Word(ワード)の「インデント」「タブ」が分かるたった1つのツボ
ワード(Microsoft Word)を少し使えるようになった方が、よくつまずくのが、「インデント」です。まずは、「改行」「段落」を正しく理解してみましょう。

Wordを練習するには

上記で理解しても、意外と使いこなすまでに時間がかかったりします。実際の業務で意識的に使えば覚えも早いでしょう。

自宅で練習する場合には、こちらのサイトに練習問題があります。

ワード初歩基本練習問題(無料ダウンロード)
ワードとエクセルの練習教材をご興味からナビゲーションしてます。

まとめ

知っているようで知らないWord。便利機能を知らずになんとなく使っていたから、いつも面倒なことになっていたのですね。

次回は、わかりづらい段落と段落番号を練習していきます。作業マニュアルを実際作りながら慣れていきましょう。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました