【閲覧くださっている皆様へ】URLが変わりました。一部転送が完了していない内部リンク先があります。「404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした。」という表示になる場合は、"https://bits-lifestyle.com/jigaku-study/●●"から、"https://study.bits-lifestyle.com/●●"へ書き換えてアクセスくださいますよう、お願いいたします。ご迷惑をおかけいたします。

 
スポンサーリンク

【OAスキル初心者レベルからの脱却】PowerPointで美しい資料を作るための勉強方法

PowerPoint

企画を通したりデモンストレーションにより仕事をGETしたりするには、視覚に訴える資料を作ることが重要になります。そのときに必須なのがPowerPointです。

パワポはこんな機能がある

⓵図表の操作が充実(Microsoft Office共通)

➁幅広いデザインが可能

デザインタブがあり、そこからさまざまなデザインを選択、カスタマイズすることが可能です。

➂スライドショーの機能がある

パワポ単一の機能としては、アニメーションが付けられる機能があります。これはword,

Excelにはない機能です。

つまり、一部のデザインとスライドショー以外は、 Microsoft Office共通 で図形の機能が使えます。その意味では、企画書やスライドを使用する機会がない業務であればあまりパワポを使う必要はないかもしれません。

思い通りの資料を作るためには

パワポを使っていると、レイアウトがおかしくなってしまったり、色合いがバラバラになってしまったり、画像がうまく処理できなかったりしてなかなか思い通りの資料が出来上がらないことも多いです。

図形を扱うルールに沿って操作する

何事も基礎が大切です。Excelなら表やセルの扱いのルール、Wordなら段落やインデントのルールがあるように、図形を扱うルールもあるのです。遠回りのように見えても、一度そのルールを正しく把握しておくことでスムーズに操作できるようになります。

「デザイン」力も必要

私自身は何も考えずに資料を作ると色を使いすぎてしまう傾向があります。逆にインパクトに欠ける資料になってしまうこともあるでしょう。

一度、色遣いの勉強をしておくと良いです。

パワポの資料作りに有用な書籍、サイト

基礎からまんべんなく勉強したい

サイト

世界一わかりやすい!powerpointの使い方(完全ガイドブック)
【無料】初心者に大好評!ネットで今すぐ学べるシリーズ。【PowerPoint(パワーポイント) の使い方】多くの機能から、プレゼン資料を作る為の画像加工など、実際に使う機能だけを ピックアップしてあるから【最短1時間でマスター!】が人気の秘密。

実際の画面の画像を使って丁寧に説明されています。これが無料なんてありがたいです。

色々な技を身につけたい

書籍

やっぱり基礎は定番の「できる」シリーズはおすすめ。できるシリーズのPowerPointのシリーズは他に「できるPowerPoint」という初心者向けの書籍がありますが、こちらの「パーフェクト」は良くつまずくところに焦点を当てて説明がされているので、レベルアップにはおすすめです。

デザインの勉強もしたい

書籍

企画書の作り方やデザインの基本を学びながら、PowerPointではどの機能をどう操作すると良いか、という視点で書かれた書籍です。

計画表を作成しました

「半分の時間で3倍の説得力に仕上げる PowerPoint活用 企画書作成術」

パワポのスキルを向上すればWordやExcelにも使える

上記のようにパワーポイントでデザインや図形の機能を使いこなせるようになったら、今度はワードやエクセルでも、その機能を使ってみてください。何度も言いますが、同じ機能です。(笑)

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました